牛久整体センターのブログ

ブログ

感じていること

ブログ
2019年08月11日

日々、いろんな方をみさせていただいています。
何で痛みがでているのか体を触ると原因がわかります。痛みがとれにくい方の理由もわかります。
なんで?わかるのとたまに聞かれますが
13年人の身体を触れていたらわかるようになりました。(筋反射検査というものも使ってますが)

スポーツでも他の仕事でも経験を積むと以前できなかったことができるのと同じです。

正直、本当の原因をお伝えできないこともあります。

前回のブログに書いたストレスやメンタルからおきている痛みがあるのですが、見に見えないことなので理解されない場合があり非常に伝える難しさもあります。

そのストレスやメンタルの根本原因は何かというと、
親子問題か夫婦問題(関係)です。
会社の人間関係でストレスを感じている方もいると思いますが、根っこは上記の問題です。

例えばですが、上司と部下の関係で悩んでいてなんとかもがいている方がいるとしまして、実は、親子関係か夫婦関係が仕事の人間関係にもでているのです。

夫婦で話し合いができていないとか、逃げて深い話を避けているとか
機嫌が悪くならないように、当たり障りなく接していたり常に機嫌を気にしながら旦那と会話したり

女性の方で多いのは、家事や子育てを一人で頑張りすぎていてそれが当たり前の状態になっていて誰からも感謝されなかったり

子育ても終わり一段落したのに自分の将来に漠然とした不安を感じていたり、人生がつまらく感じていたり誰かに認めてもらいたかったりですね。
自分で自分の本当の状態を気づけるかが重要なんです。

友達や近所の人やテレビの影響を受けて本当の自分の気持ちに気づけていない方がいます。
本当はAがいいけど、影響を受けてBに進んでいる方もいるかもしれません。

嫁も受付にはいりましたのでいろんな相談を受けたりします。

何かヒントになったら幸いです。

回復が難しい方の特徴2

ブログ
2019年08月6日

今日は、前回の続きになります。

10年以上、施術をしてきまして回復が難しい方の特徴がわかってきました。

********************
「いろんなことに手をだしている方」です。
********************

整体に通いながら鍼灸に行っていたりマッサージに行っていたり、
リハビリに通っていたり、いろんな体操をしたり、ブロック注射したり・・・

本当に治るのか疑心暗鬼になっていたり、とにかく不安で行動している方もいるでしょう。

併用することで、良い効果がでている方も少数ですがいると思いますが
だいたいは、症状がとれず何がいいのかわからなくなってしまい気持ちが疲れている方がいます。

スポーツで例えますと、私はテニスをしていましたが
テニスのフォームや打ち方を5人の方から習った場合に皆さん教え方がおそらく違いますので
素人の私は何がなんだかわからなくなると思います。
それだったら最初はピンときた1人のひとにつき、その教えを忠実に行った方が良い結果がでる
ような感じがします。

私の考えとしましては、ある程度自分でピンときたところに絞り、1ヵ月とか2ヵ月とか
期間を決めて一喜一憂しないで通ってみて状況を判断するということです。
どうしても即効性を求める方もいますが、何年も続いている痛みがすぐにはとれないこともあります。

基本的には、1ヵ月~2ヵ月くらいの期間をみてもらうことが多いです。(早く回復する方もいます)
ものすごく重症な方には3ヵ月みてもらいます。
3ヵ月で血液など身体が生まれ変わるからです。

痛みがあるととても辛いですから冷静に判断できないこともありますが、
いろんなことに手をだしている一生懸命な方ほど痛みがとれないこともありますので、
今回のブログの内容が何かヒントになれば幸いです。

回復が難しい方の特徴1

ブログ
2019年08月6日

牛久整体センターで10年以上が経ち、かなりの人数を施術してきました。
回復していく方となかなか回復しない方の違いもわかってきました。

このブログでは、本当のことをお伝えしていきます。
一般常識と違うかもしれませんので、戸惑う方や批判したくなる方もいるかもしれません。
そのことも覚悟していろいろ書いていきます。

今回の話は、あくまで当院の施術に限ってのことです。
当院は自然治癒力による調整なので、その場で痛みを私がとるという方法ではありません。
ですので、数日後に気づいたら痛みがなくなったいたということのほうが多いです。
治癒力が働けば、症状は回復していきます。

ですが、なかなか回復していかない方もいます。

・痛み止め薬を複数飲んでいる方
・精神安定剤を常用している方
・不規則な生活の方

上記の方は、回復が遅れることがあります。
回復が遅れるだけで、ゆっくりと回復していきます。

治らない方が実はいます。
こんなことを書くとあなたが治せないだけなんじゃないと思う方もいるでしょう。
どう思ってもらってもかまいません。

痛みはサインとも言えます。
身体からの訴えともとれます。

自覚していないストレスが関係していることがあります。
私は、顔と身体をみると痛みがストレスやメンタルから何割かきていることがわかります。
たまにストレスは感じていますか?とお聞きすることがあります。

特に感じていません。という方ほど、危険だと思っています。

自分で自覚できていないからです。
知らない間に、体が蝕まれているということに気づいていないんですね。
まずは、気づくことが必要になってきます。

自覚できていないストレス・メンタル要素が実は治らない原因となっていることがあります。

身体と心は繋がっています。
例えると、登校拒否したいお子さんが学校に行く前になるとお腹が痛くなってお母さんが休んでいいよ
というと、お腹が痛いのが治るというのもメンタルからきています。
胃潰瘍なんかも、ストレスからきていることがわかっています。
ストレスからくる腰痛や足の痛みもあるのです。

ストレスやメンタル要素から起きている痛みかもしれないと気づいて向き合ったら
痛みはなくなっていくかもしれません。
痛みが何故でているのか? 自分の日常生活や行いに原因があることに気づいてください。
痛みがでる脳のしくみがあるのです。
気づいたもの勝ちです。
痛みに乗っ取られないでください。

次ページへ »« 前ページへ