牛久整体センターのブログ

ブログ

右足の痛みと痺れ

ブログ , 症例
2018年08月23日

50代男性

主訴  右足の痛みと痺れ

朝、車の運転をしている時に痛みと痺れが

強くなるとのことでした。

 

筋肉反射テストで足の筋肉から反応を読み原因を探していきました。

・ストレスによる自律神経の乱れ

・脳の誤差動

・心臓の機能低下により血液の循環が悪い

・肺の機能低下による筋肉の酸欠

・腎臓や大腸の機能低下による右股関節の歪み

これらが原因ということがわかりました。

 

4回の施術でほとんど痛みと痺れがなくなり、1ヵ月空けても症状は安定していたので終了となりました。

 

接骨院でマッサージと電気治療を3ヶ月行ったそうですが、効果はなかったみたいです。

脳の誤差動や自律神経が乱れていると体の回復に関係しますので、痛いところに電気をかけても一向に回復していきません。

腰に原因のない足の痛みと痺れの症例でした。

8月・9月の休みについて

ブログ
2018年08月11日

 

8月24日(金)・31日(金)

9月2日(日)・21日(金)・22日(土)

は、

臨時休業いたします。

定休日は、毎週月曜と木曜になります。

(祝日の月・木もお休みです)

よろしくお願いします。

 

牛久整体センター

私の整体ストーリー

ブログ , 健康コラム
2018年08月7日

□薬を飲んでいるけど、一向に痛みがとれない

□整骨院で半年以上電気をかけているけど・・・

□他の整体に通っているけどその時だけですぐにもどってしまう

このようなお悩みはないでしょうか?

私は2009年の6月に牛久整体センターを開業しました。

修行期間を含めると、12年になります。

開業当初、私は40分くらいほぐしその後ストレッチをしてゴキゴキ矯正や骨盤矯正をしていました。

良くなる方もいましたが、すぐに戻る方が多かったです。

 

それからの私は、利益のほとんどを整体セミナーの講習費に使いました。

12年の間に高級車が2台買えるくらいは、つぎこんでいます。

なんですぐに戻るのか なんで痛みがとれない人がいるんだろうと悶々と悩む日々でした。

セミナー通いと検証の日々は続きました。

悔しくて寝れない日もありました。

更に揉みほぐしとストレッチでの施術は人数が増えてくると私の体も悲鳴をあげるようになりました。

親指が激痛の時もありました。

いろんなことが重なり、このままでは・・・と思うようになりました。

ある時に、筋反射検査というものに出会います。

筋肉の反応を読み、その方の体から情報を頂くので

なんで痛みがでたのか?

なんでまたすぐにもどるのか?

これらがわかるようになったのです。

人によっても違いますが、歪みではなくもっと広い範囲でみていくと

・ストレスによる自律神経の乱れ

・栄養面

・脱水

・転んだ時にできたレントゲンでは写らないくらいの骨のキズ

・冷えや食生活による内臓の循環トラブル

・脳の誤作動

・薬のダメージによる自律神経の乱れ

・ホルモンバランスの崩れ

まだまだありますが、体からはこのような情報がくることがあります。

揉みほぐしや骨盤矯正では対応できないことが今でははっきりわかります。

歪みが戻ったのは、内臓の問題だったり骨のキズが原因で靭帯がうまく付着できないことだったり

筋肉が緊張しているのは自律神経の問題だったり奥の原因があるからすぐに戻るのです。

 

数年の思考錯誤の末に、施術者も患者さんにも負担がかからない治癒力を

高める自然回復療法が完成しました。

上記の問題を全てカバーできる次世代の整体です。

この検査と調整法により、私の体も健康になり多くの方のお役に立つことができるようになりました。

このブログでも書いたことがある、心理面の問題で残念ながらいまいち良くならない方も正直なところいらっしゃいます。

でもそれは私の問題ではないんですね。結局、症状はその方の日常生活の積み重ねで起きています。

その方の課題なんです。

私は、治癒力を高め環境を良くすることしかできません。

そういったことも12年の経験を積む中でいろんな方と接したり回復する方を見てきたことにより、はっきり主張できるようになりました。

月に1回通っていた常連さんにこの施術で調整するようになってからどんどん楽になり

3ヵ月に1回になったり半年施術を受けていなくてもまったく痛みがでていないという方もでてきました。

私がすごいわけではなくその方の治癒力が増大しただけなのです。

当院で目指している寝れば治る体になったのです。

開業当初とは、施術法が変わったのはもちろんですが施術者が痛みをとるのではなく

「治癒力」を高めることにより寝れば自然と回復するという考えに変わりました。

治癒力というのは、風邪が治ったり骨折しても骨がふっついたりするものです。(自然回復力とも言います)

折れた骨がふっつくのが治癒力ですから、痛みとか痺れも治癒力が働くようになれば

自然ととれていくのです。

もう少し具体的に言うと、血液やリンパ液や脊髄液の流れが良く自律神経のバランスが整っている状態です。

勘違いして来院される方もたまにいますが私が治すわけではありません。

 

主役はあなたの治癒力です。

 

どこにいっても回復しなかった方は、「治癒力を高める整体」を一度受けてみてください。

回数がかかる方もいますが、お役に立てると思います。

本当は、未病の段階で調整するのがベストなんですけどね。

痛みがかなりでている時は、コップの水がかなり溢れているような状態なんです。

予防の世界観がもっと広まれば痛みで悩んでいる人や病気になる人が少なくなるんだろうなと思いながらいつもブログを書かせて頂いています。

お読みいただいてありがとうございました。

次ページへ »« 前ページへ