牛久整体センターのブログ

ブログ

予防をするということは、自分の人生を大切にするということ

健康コラム
2018年05月7日

悩みみなさんは「物を大切にする」って、どういうことだと思いますか?

物を大切にするというのは、物を大切に使う、物を壊さずに長期間使っていくということを意味するのだと思います。

あなたは自分の持っている物を大切にする場合、どんなことを行いますか?

とても大切な革靴を手に入れたとします。

革靴は水がNGなので、防水スプレーを使います。

靴を履いて外出するとホコリや汚れが付きます。それをそのままにすると、革はドンドンと弱くなっていきます。

ですからホコリや汚れも小まめ拭いてケアをします。

時には革の栄養剤を塗ることも行います。

スリ減ったソールを付け替えます。

こうした革靴をケアすることで、何年も何十年その革靴を使い続けることが出来ます。

この革靴を、あなたの人生や身体に置き換えてみてください。想像してみてください。

もし革靴(身体・人生)にケアをしなかったら、どうなるでしょうか?

予防・ケアを怠ると、自分の人生を短くする

ハート革靴はケアや予防をしないと、使える期間が短くなります。

これはあなたの身体・人生も同じことです。

人生を大切にする、身体を大切にするということは、毎日100%の元気(心身の元気)で生きることです。

身体のケアをしないと、予防をしないと、あなたの身体はドンドンとすり減っていきます。

身体は良く出来ているので、そのすり減った部分をカバーしようとフル活動してくれますが、それも限界があります。

長年すり減って、長年カバーしあっていた身体は、ある時急に異変が起きます。

それは痛みかもしれません。原因不明の不調かもしれません。

その時から、あなたはそれまで出来ていたことが出来なくなります。

それまでを100%とすると、あなたは50%位の力でしか動けなくなってしまいます。

やりたかったことが出来なくなる。ドンドン力が衰えていく。

なんでこんなひどい状態になってしまったんだろうと嘆きながら来院される方もいます。

革靴をケアするように身体もケアしないと、予防しないと、自分の人生の質を下げるだけでなく、人生が短くなってしまうことだってあるかもしれません。

もっと自分の身体に目を向けて、身体をケアして!

今回のお話は、みなさんを脅かそうと言っているのではありません。

あまりにも予防やメンテナンスが疎かにされている人をたくさん見てきて、もっと良い生活を取り戻して欲しいと心底思っているからです。

当院に来る方の多くは、かなりひどい状態で来院されます。

身体を見せていただくたびに、「もう少し身体を大切にされてたら、早くに気づいてケアされていたら、もっと症状がラクだったり、もっと早く改善しただろうな」と思うケースが本当に多いです。

中には60代で膝が痛くて自分1人では歩くのが困難になってしまった人がいました。暴飲暴食で内臓がやられていたり、身体がゆがんで左ひざだけに過剰な負荷がかかり続けて、そうなってしまっているようでした。

60代からの人生は、やりたいことができるようになる自由な人生のはず。それが出来なくなってしまった。

もう少し自分の身体を労わっていれば出来たはずなのに・・・

だから当院のホームページをご覧のあなたにも、ぜひ身体の予防・メンテナンスを意識して欲しいと思っています。

お気に入りの革靴をずっとずっと履いていくためにケアするように、あなたの身体もケアが必要なのです。

身体をケアする習慣、予防する習慣を、ぜひ当院で見つけていただければ幸いです。

身体への意識を向上させることで、あなたの人生は、ずっとずっと豊かなものであり続けるはずです。

あなたを悩ませる痛み

ブログ
2018年04月26日

腰が痛い、足が痛い、痺れる

痛みは、誰しもが辛いものです。

早くこの痛みから抜け出したいと思いますよね。

座骨神経痛の方がよく来院されますが、初めてなった方はこんな痛いなんてとびっくりするくらい痛いようです。

当院では、痛みは体と心からのSOSと考えています。

なんで突然痛くなったんだろうと思われますが、実は痛みの種は以前からあったのです。

来院される方に何かきっかけは?とお聞きすると

・よくわからない

・変な姿勢でいたからかなとか

・残業が多くて疲労がたまったからかな

自分の体だけど、自分の状態がわかる方はほとんどいません。

以前から痛みの原因(種)があり、重いものを持ったなどがきっかけで、痛みがでます。

体が良い状態なら重いものを持っても痛みはでません。

そういう痛みがでてしまう体の状態だったということです。

一流のプロスポーツ選手は、必ずコーチがいます。

それは、自分のフォームや癖が自分ではわからないからです。

自分では気づかない所を指摘してもらい修正しています。

体も自分ではわからないことが多いのでプロにチェックしてもらうのは必要です。

長期的に見て、それが健康に繋がっていきます。

未来の投資です。

整体院は、痛みをとってもらう所というのが常識になっていますが実は痛みがでないようにメンテナンスする所です。

痛みがでてからでは、遅いですよ。

車のように定期メンテナンスやってみませんか?

 

治癒力とは

ブログ
2018年04月12日

自然治癒力とは、一体なんなのでしょうか?

風邪をひいた時に、2週間もあれば良くなりますが、それは薬の力ではなく誰にでもある治癒力のお陰です。

薬は、熱を下げたり咳をとめるためのものです。

熱は、実は体の悪いものをだす作用でもあります。

咳や下痢も、悪いものをだしています。

ですから悪い反応ではありません。

(慢性的な下痢は問題あるかもしれませんが)

それを、薬で抑えるのは治癒力を邪魔しています。

治癒力というのは、風邪が治ったり折れた骨がふっついたりありがたいものです。

痛みやしびれも治癒力が働けば自然ととれていくのです。

治癒力が働いているのか低下しているのかは当院で行っている筋反射テストでわかります。

また、筋肉や骨などの各パーツごとに治癒力が働いているのかもわかります。

治癒力は、本来漠然としているものですが検査により推し量ることができるから運任せではありません。

人によっても違いますが、脳の誤作動や自律神経や内臓を調整すると自然と歪みもとれ治癒力があがり症状が緩和していきます。

ただ、単純に歪みをとってその場の痛みがとれても治癒力が働いていなければすぐに戻ってしまいます。

マッサージしたり数回カイロで矯正してもらったけど数日で症状がもどったことはないでしょうか?

その理由は、ただ歪みがとれただけで内部の治癒力が働いていないからです。

治癒力のスイッチがはいると、寝れば歪みや症状はある程度とれるようになります。

そういった理由から当院では、痛みではなく治癒力が高まることにフォーカスしています。

痛みがとれるとれないには、基準を置いていません。

主役は、あなたの治癒力なのです

次ページへ »