牛久整体センターのブログ

ブログ

腰に力がはいらない原因

ブログ
2019年05月18日

腰に力がはいらなくて困っている方が来院されました。

家事をするにも、ちょっとした動作で腰にピキッときて

ぎっくり腰になりそうと不安が常にあるとのこと。

実際に数年前にぎっくり腰になり数日動けなかったことが

トラウマになっている感じでした。

 

足首から筋反射検査で体をスキャンしていくと

・坐骨の耐久性のトラブル(自律神経の乱れと関係あり)

・昔の捻挫の未完治による立位のバランス軸の崩れ

上記のトラブルが根本原因で腰椎3~5や腰の筋肉が緩んでいました。

整体では一般的に硬くなった筋肉などを緩めていきますが

ネジがゆるんでいるように筋肉なども弛緩していることがあります。

このネジが緩んでいる状態だと、当然力がはいりません。

これらを治癒力を利用して調整しました。

2回目が5日後でしたが、腰のぐらつきがなくなり
1時間くらいショッピングができるまでになりました。

今回の方の根本原因は、自律神経の乱れと昔の捻挫によりおこった

腰の骨と筋肉の緩みでした。

その後、3回施術をして長時間歩いたり無理しても腰に痛みがでなくなり、

不安がなくなるまでになりました。

 

注(同じような症状でも人によって原因は違います)

変化と回復について

ブログ
2019年05月18日

「回復」と「変化」についてですが、「回復」と「変化」は、まったく違います。

当院で考えている「変化」とは、

・可動域があがった(腰が反れるようになったなど)

・筋肉が柔らかくなった(圧痛がとれたとかも含む)

・一時的にその場だけ痛みがとれた

・施術後は楽になったけど、次の日には痛みが戻った

・歪みがそろった(足の長さとか)

(歪みに関しては、まっすぐが良いというわけではなくその方にとってのバランス

があります)

 

「回復」とは

・施術をする度に痛みがとれていく

・気づいたら痛みがなくなっていた

・無理をすると痛みがたまにでるけど寝ると回復する

・日が経つにつれ、痛みがなくなっていく

 

わかりやすく書くと、

変化は、その場の痛みがとれたり可動があがるけどすぐにもどる

回復は、寝たら痛みが減ったり日が経つにつれ回復していく

 

当然、当院は「回復を目指していく整体院」です。

そのために、キーとなるのは「自然治癒力」です。

筋肉がほぐれたり歪みがとれたり可動があがったりする施術では

すぐにもどります。

 

その方の治癒力がしっかり働くようにしていく必要があります。

治癒力が落ちている原因が必ずありますので

見極めていきます。

骨盤が歪んでいる原因が昔の捻挫した足首に原因があった場合

骨盤を矯正するだけでは、すぐにもどります。

足首の調整が必要になります。

別の例で、骨盤が歪んだ原因が大腰筋(インナーマッスル)のトラブルにあり
大腰筋にトラブルがおきたのは腎臓の機能低下や冷えからきているということもあります。

その場合、腎臓を調整するとドミノ倒しのように大腰筋と骨盤の歪みはなくなります。

(当院の調整の場合)

逆にいえば、腎臓を調整しないといくら骨盤やインナーマッスルを刺激しても

時間の経過とともに、もどるということです。

今日は、「変化」と「回復」の違いについてでした。

キングダム見てきました。

ブログ
2019年05月18日

先日、キングダムの映画をみてきました。

漫画を全巻持っていて昔からの大ファンです。

昔は、ドラゴンボールとかスラムダンクとか好きだったんですが、

今はキングダムが特に好きです。

何故か?

ものすごく抽象度の高い漫画で人生の勉強になるんです。

私も少年から大人に成長したんでしょうね(笑)

仲間との一体感や志についてや伝授についてなど語ると長くなるんですけど

とにかく熱くて面白いです。

院の棚に置いてあるので、この前常連さんにお貸ししました。

映画もとても良かったですよ。

おすすめです。

 

 

 

 

 

次ページへ »