熱中症の予防

ここ数日で急に暑くなってきました。この時期に発症しやすいのが「熱中症」ですね。

○●熱中症はどうして起こるのか?
熱中症は、高い気温などの環境下で体温調節の機能が働かず体に熱がこもり、体温が異常に上昇することで起こります。人の体は暑さを感じると汗を出したりして体温を下げます。血液には熱を運ぶ役割があり、皮膚を流れる血管を通るときに熱を外に放出します。また、汗は体から蒸発するときに体の熱も一緒に放出します。これによって私たちは体温を一定に保っています。
しかし、気温が高い状態が続くと大量に発汗して水分や塩分が失われることで血液中の水分が奪われ、汗が出なくなったり、熱がこもったままになってしまうことがあります。これが熱中症の原因となります。

○●熱中症予防
1.喉の渇きを感じる前に、こまめに水分を摂る
2.ミネラルをしっかり摂取する
3.睡眠をしっかり取り、規則正しい生活をする

私の場合は、水にミネラルが豊富な塩を少しいれて毎日飲んでいます。一気に飲むと体に吸収されにくいのでこまめに飲むことをおすすめします。

※水と水分の違いについて
水分は、お茶やコーヒーなどです。
水は、純粋な水です。
お茶やコーヒー・アルコールなどは、更に脱水になるので注意してください。

当院へのアクセス情報

住所〒300-1222 茨城県牛久市南1-15-6
予約完全予約制とさせていただいております。
電話029-804-1230
牛久整体センター