本当の健康について

いきなりの質問ですが風邪をひいた時、風邪薬を飲みますか?

それが一般常識だから飲むと答える方が多いと思います。

当たり前じゃないですかという声が聞こえてきそうです。

私は、飲みません。

なぜかというと、風邪薬は風邪を治すものではないと理解しているからです。

なぜ、風邪薬が存在するのかはここでは差し控えます。

せきや下痢や鼻水は、体のウィルスや毒素をだす反応なんです。風邪薬は、これらを止めてしまうので免疫力が下がります。風邪に対する耐性も下がります。

当院にいらっしゃる方は痛み止め薬を飲んでいる方が多いですが、実は、血流を悪くして痛みをとめているのです。当然、痛み物質なども内に留まるでしょう。

脳にきく薬などもありますが、危険です。薬剤師の方でも薬の危険性を知っているので、飲まない方もいるのが現状です。

めまい・ふらつき・太りやすくなるなどの副作用がある薬もあります。

薬を完全否定しているわけではありません。明日、大事な用事があるから一時的に痛みをとめる目的で飲むのはありかなと。

自然治癒力、免疫力をあげていき負の連鎖をとめることを当院では力をいれています。本当の健康をお伝えしています。

負の連鎖とは、痛みや痺れが我慢できなくて体に悪いのがわかっているけど薬を飲み続けたり、どんどん強い薬になっている状態です。

このブログを読んでピンときた方は、本当の健康に気づいている方だと思います。

当院へのアクセス情報

住所〒300-1222 茨城県牛久市南1-15-6
予約完全予約制とさせていただいております。
電話029-804-1230
牛久整体センター