腰に力がはいらない原因

腰に力がはいらなくて困っている方が来院されました。

家事をするにも、ちょっとした動作で腰にピキッときて

ぎっくり腰になりそうと不安が常にあるとのこと。

実際に数年前にぎっくり腰になり数日動けなかったことが

トラウマになっている感じでした。

 

足首から筋反射検査で体をスキャンしていくと

・坐骨の耐久性のトラブル(自律神経の乱れと関係あり)

・昔の捻挫の未完治による立位のバランス軸の崩れ

上記のトラブルが根本原因で腰椎3~5や腰の筋肉が緩んでいました。

整体では一般的に硬くなった筋肉などを緩めていきますが

ネジがゆるんでいるように筋肉なども弛緩していることがあります。

このネジが緩んでいる状態だと、当然力がはいりません。

これらを治癒力を利用して調整しました。

2回目が5日後でしたが、腰のぐらつきがなくなり
1時間くらいショッピングができるまでになりました。

今回の方の根本原因は、自律神経の乱れと昔の捻挫によりおこった

腰の骨と筋肉の緩みでした。

その後、3回施術をして長時間歩いたり無理しても腰に痛みがでなくなり、

不安がなくなるまでになりました。

 

注(同じような症状でも人によって原因は違います)

当院へのアクセス情報

住所〒300-1222 茨城県牛久市南1-15-6
予約完全予約制とさせていただいております。
電話029-804-1230
牛久整体センター