変化と回復について

「回復」と「変化」についてですが、「回復」と「変化」は、まったく違います。

当院で考えている「変化」とは、

・可動域があがった(腰が反れるようになったなど)

・筋肉が柔らかくなった(圧痛がとれたとかも含む)

・一時的にその場だけ痛みがとれた

・施術後は楽になったけど、次の日には痛みが戻った

・歪みがそろった(足の長さとか)

(歪みに関しては、まっすぐが良いというわけではなくその方にとってのバランス

があります)

 

「回復」とは

・施術をする度に痛みがとれていく

・気づいたら痛みがなくなっていた

・無理をすると痛みがたまにでるけど寝ると回復する

・日が経つにつれ、痛みがなくなっていく

 

わかりやすく書くと、

変化は、その場の痛みがとれたり可動があがるけどすぐにもどる

回復は、寝たら痛みが減ったり日が経つにつれ回復していく

 

当然、当院は「回復を目指していく整体院」です。

そのために、キーとなるのは「自然治癒力」です。

筋肉がほぐれたり歪みがとれたり可動があがったりする施術では

すぐにもどります。

 

その方の治癒力がしっかり働くようにしていく必要があります。

治癒力が落ちている原因が必ずありますので

見極めていきます。

骨盤が歪んでいる原因が昔の捻挫した足首に原因があった場合

骨盤を矯正するだけでは、すぐにもどります。

足首の調整が必要になります。

別の例で、骨盤が歪んだ原因が大腰筋(インナーマッスル)のトラブルにあり
大腰筋にトラブルがおきたのは腎臓の機能低下や冷えからきているということもあります。

その場合、腎臓を調整するとドミノ倒しのように大腰筋と骨盤の歪みはなくなります。

(当院の調整の場合)

逆にいえば、腎臓を調整しないといくら骨盤やインナーマッスルを刺激しても

時間の経過とともに、もどるということです。

今日は、「変化」と「回復」の違いについてでした。

当院へのアクセス情報

住所〒300-1222 茨城県牛久市南1-15-6
予約完全予約制とさせていただいております。
電話029-804-1230
牛久整体センター