「未病」のうちに身体を整えると効率が良い

ハート「未病」という言葉をご存知ですか?最近は少しずつ知られてきているように思います。
  
未病は東洋医学の言葉で、「病気に向かいつつある状態」のことです。病気というほどではないけれど、健康でもない状態のこと。
  
例えば健康診断や検査で特に異常はないけれども、なにか不調を感じるような状態なら、それは未病です。
  
この未病の状態が進むと、明確に痛みやシビレが出てきます。
  
腰痛や坐骨神経痛がある人は、この未病の状態を過ぎてしまっています。
  
しかし未病の状態で身体を整えていたら、すぐに良くなっていたことでしょう。
  
既に痛みやシビレが出ていると、治療や施術を何回も何回も受けないといけませんが、未病の状態なら月に1回程度の施術で十分です。
  
だから我々治療院業界では、「未病の内に身体を整えて下さいね」と口を酸っぱくして言っているのです。
  

日本の医療の未来のためにも、未病の考えが根付いてほしい

悩み日本の社会の社会医療費は年々増えていきますよね。
  
保険を使って病気の治療を受けられるのですから、とても良い制度だと思います。
  
しかしあまりにもその負担が大きくなりつつあるので、その制度が破たんするのではないかと言われています。
  
日本はひどくなってから病院や治療院にかけこむ人が非常に多いです。
  
我慢して我慢して、もうどうしようもなくなったら治療を受ける。
  
だから治るまで時間がかかるから、医療費がたくさんかかってしまう。
  
海外は予防の考えが強いので、普段から身体のケアをしています。だから日本ほど医療費がひっ迫していないそうです。(単純な比較はできませんが)
  
私たちの後の世代・子供たちの世代のためにも、未病の考えが根付いて、もっともっと健康意識が高まって欲しいですね。
  

最低限の回数で、最高の健康を

あなたの身体の話に戻ると、未病の段階で施術を受ければ、良い状態を維持し続けることが出来ます。
  
すぐに身体は健康に戻るので、施術を頻繁に受ける必要はありません。
  
未病の段階で身体のケアをすることが、お金の部分でも時間の部分でも、あなたの負担は少なくなります。
  
当院で整体を受ける方には、ぜひこの未病考え方を身に付けていただきたいです。
  
社会に未病の考えを浸透させること、あなたの健康意識をもっと高めてもらうこと。それも当院の仕事だと考えます。

当院へのアクセス情報

住所〒300-1222 茨城県牛久市南1-15-6
予約完全予約制とさせていただいております。
電話029-804-1230
牛久整体センター