生活習慣を変える勇気を持つ大切さ

悩み腰痛というのは約8割が慢性のもので、病院では原因がわかりません。

ただ腰痛専門の当院からすると、腰痛が起こる要因はかなり絞り込むことが出来ます。

例えば

■骨格(骨盤や背骨・頸椎)のゆがみ
■レントゲンでは映らないほどの骨の傷
■水分不足
■栄養不足
■脳の誤作動・錯覚 etc

これは要因の一部で、他にも腰痛の要因となりうるものはあります。

こうした要因の根本には、ある1つの共通点があります。

それはこうした様々な要因を生み出しているのは、あなたの生活習慣であり、その生活習慣を正すこと自体が治療になり、そして予防になるんです。

生活習慣を変えることは、とてもとても重要なことなのです。

生活習慣が、腰痛にどう影響するか

1日のなかで座っている時間の多い人は、同じ姿勢でいる時間が多いということです。

これは骨盤や背骨に負荷をかけます。骨盤や背骨を歪ませていってしまうのです。

カバンを片方の手でしか持たない人。

身体の重心が大きく偏ってしまい、頭の重さを上手く分散することが出来ず、特定の部位に過剰な負荷がかかって腰痛が起こります。

あまり水を飲む量が多くない人。実は隠れ脱水の可能性があります。

水分が不足すると内臓の循環が上手く働かなくなってしまいます。

内臓は背骨と繋がっているので、内臓の循環の悪さが背骨を歪ませて行きます。

食べ過ぎも腰痛につながっていきます。

夜遅くにご飯を食べるので、寝ている間も腸は消化にエネルギーを使わざるをえません。

そうなると代謝(回復)にエネルギーを使えなくなり、寝ても疲れている状態になります。

なので寝ている間に疲労回復が出来なくて、最初は小さかった腰痛の種がドンドンと大きくなっていき、ひどい腰痛が起こるようになっていきます。

以外な生活習慣も、腰痛につながります。

こうした生活習慣の悪さをしること、そしてそれを改善していくことが、とても重要です。

生活習慣を変える勇気を持つこと

人間というのが元来保守的な生き物なので、何かを変えることを好みません。

一度定着した生活習慣を、意識して変えていくことに抵抗があるのは、そういった生物としての性質もあるのでしょう。

しかし生活習慣を変えないと腰痛が治らないです。一時は治っても再発してしまう可能性も高いです。

だから、せっかく当院に来てくれたのですから、腰痛を本気で治したいと思っているのですから、「生活習慣を変える勇気」を持ってください。

私は色々と改善点をお話します。それをすべてすぐに対応することは難しいと思います。

まずは少しだけ変える。それを続ける。続けることが当たり前になったら、また別のことを少し変える。それを続ける・・・・

最初から完璧にすべてを変えようと思うと達成することは難しいですので、こうして少しずつ変えていきましょう。

当院に来たことを、人生を変えるきっかけにしてください、「生活習慣を変える勇気」で、本当の健康を獲得して、それを維持できるようにしていきましょう。

当院へのアクセス情報

住所〒300-1222 茨城県牛久市南1-15-6
予約完全予約制とさせていただいております。
電話029-804-1230
牛久整体センター